医療機関の食事が美味しくなる

医療において、食事療法としてバランスよくと言われます。三大栄養素を中心に、過剰にならないようにします。

医療機関の食事が美味しくなる

医療のための食事療法でバランスの計算

やじろべいと呼ばれるおもちゃのような、器具のようなものがあります。
真ん中に針がついていて、そこから左右に棒が伸びています。
針をあるところに置くと、きれいにバランスを取って、ゆらゆら揺れています。
倒れたりすることはありません。左右がピッタリの長さだから、そのようになるのでしょう。
人の体もバランスによって保たれています。
まっすぐ歩けるのもバランスがとれているからです。
崩れると、体調にも影響して来るのです。

食事に関しても、バランスの良い物を食べることで、成長したり、活動ができます。

しかし、それほど細かく意識することはありません。バランスが少し悪いくらいなら良いですが、極端に悪くなると体調が悪くなってきます。
そこで、医療の方法として、バランスのとれた食べ物をとるようにするのです。
医師などからも言われたのですが、ではバランスの良いとはどのようなものなのでしょうか。それがわからないと、何を食べて良いかわかりません。

まずは三大栄養素である、タンパク質、炭水化物、脂肪のバランスを考えます。
更には、ビタミンであったり、ミネラルなどのバランスも考えていきます。
それらにおいて、必要量をとることを心がけます。
また、過剰になるといけないものは気をつけます。
炭水化物や脂肪は、必要なものですが、過剰になると良くないとされています。
とりすぎには注意をします。
ビタミンにおいても、取り過ぎると問題のあるものがありますから、注意します。

関連リンク