医療機関の食事が美味しくなる

医療的に見て食事のとり方は規則正しく3食が理想だが、難しい人は朝食を抜かないことや夜中に食べるのを減らすべき。

医療機関の食事が美味しくなる

医療的に見た食事のとり方

私達が生きていくために重要なことの一つに食事があります。
まさしく食事はそれが、人間の体の肉や骨、細胞の元になるものですから十分に摂取していかなければなりません。それは食事イコール生きると言うことだからです。
我が国では食料が豊富です。
お金さえあれば、好きな物を好きなだけ食べられる環境です。
それは本当にありがたいことですが、注意も必要です。
それは食事のとり方です。
医療的に見て、1日3食、規則正しく食事をするのが理想です。

しかし、忙しい毎日を送っている人にそれを望むのは難しいかもしれません。ですから食事を取る時間がバラバラになってしましたり、内容な偏ったりする場合もあります。
それは肉食ばかり続いたりするような時です。

また食事時間がずれて、夜中になるようなこともあると思います。
それは、忙しい身なら仕方がないかもしれませんが、続くようですと問題です。
私達の体は生まれた時から、体内時計があってそれにそって、内臓が動いているからです。
要するに、ある程度決められた時間に、内臓機能が食事を欲しているのです。
たとえば、胃酸が出て食べものを待っているようなことが、自然に体の中で起こっているのです。
そんな時に、食べ物が入っていかなかったり、あるいは内臓が食べものを欲しがっていない時に、逆に食べ物が入っていったらどうでしょう。
それは内臓のリズムが崩れていくと思います。
それが続くと、体に変調をきたし、病気になるのです。
ですから、3食食べられない人、特に朝食ができない人は、バナナ一本と牛乳一杯でもいいですから、とにかく食べ物を摂取しましょう。
また夜中に食事を取らなければならないのであれば、その回数はできるだけ減らして、消化の良い食べ物にしましょう。